ドッグフード近年ではインターネットが急速に発展したこともあって、インターネットでショップを運営する人たちが増えています。インターネットを通じて色々なものを購入することができますが、その中にドッグフードも存在しています。通販では実店舗でなかなか購入することができないドッグフードが販売されていたりなど、様々なタイプが販売されているので魅力的ですが、ショップによって販売されているドッグフードが異なるので、選ぶときに悩むこともあるでしょう。ここでは悩まないためにも通販で購入する時に考えたいことについて紹介をします。

まず、通販で購入する時には主原料について考えているショップを選ぶようにしましょう。例えばヒューマングレードと言っても中には穀物類を中心に作っているドッグフードも存在しています。穀物類でも犬にとっていい素材のものもありますが、基本的には犬は肉を好む傾向があるので、肉を主原料としているたんぱく質の多いドッグフードが販売されている通販サイトを選ぶとよいでしょう

また、それぞれの犬に適したドッグフードが販売されているかについても見ておきましょう。生まれてからそれほど日数が経っていない犬と、高齢の犬では食べるドッグフードも異なります。それぞれの犬に適したドッグフードが購入できるかについても確認しておくとよいでしょう。

ドッグフードの缶ヒューマングレードのドッグフードを選ぼうと思っている人は多いものですが、ヒューマングレードなら何でもいいのかというとそうではありません。ドッグフードを選ぶときには色々なことを考える必要があるので、ここでは選ぶときに知っておきたい基準について紹介をします。

まず1つ目はドライフードであるかどうかです。ドライフードとは簡単に説明するとカリカリのドッグフードのことを言いますが、ドライフードはウェットタイプよりも健康面では優れていると言われています。ウェットタイプでも犬は好んで食べますが、カビが生えないようにするために工夫がされています。例えば保存料といった化学物質が含まれていたりするなど、犬にとっては危険なものが含まれていることが多くなっており、なるべくヒューマングレードの中でもドライフードのものを選ぶことが大切です。

続いて2つ目は総合栄養食であるかどうかも見ておきましょう。総合栄養食とはドッグフードと水だけを与えていれば1日に必要な栄養素を補うことができる食事のことを言いますが、これはペットフード公正取引協議会が定めた基準をクリアしているということになるので、安全性は高くなります。そのため、総合栄養食であるかどうかも見ておくとよいでしょう。

次の頁→通販でドッグフードを購入しよう

ヒューマングレードのドッグフードは品質が良い素材が使用されていることがほとんどですが、これからドッグフードを選ぼうと思っている人は具体的にヒューマングレードのメリットについて知りたいと思っていることも多いのではないでしょうか。選ぶときに悩まないためにも、ここではヒューマングレードのメリットについて紹介をします。

骨

まず1つ目は栄養がしっかりと摂れることです。人間でも栄養がないと健康的な生活を送ることができませんが、犬も同じで、しっかりと栄養のとれる食事が大切です。例えば4Dミートや穀物類を使用しているドッグフードはたんぱく質が少なく、犬にとって必要な栄養素を摂ることができません。栄養不足になり、毛並みが悪くなったりして、健康的にもあまりよくありませんが、ヒューマングレードは高たんぱくであり、犬にとって必要な栄養素を多く含んでいます。そのため、毛並みも良くなりますし、健康的な生活を送ることが可能です。

また、食いつきがいいのも魅力的な部です。犬は人間から与えられた食事なら絶対に食べるかというとそうではありません。穀物類など犬にとってあまり食べたくないものが多く含まれていると食べなくなってしまうことがあります。しかしヒューマングレードなら好物となる素材が多く含まれているので食いつきもよく、しっかりと最後まで食べてくれる可能性が高くなります。

次の頁→選ぶときに基準

犬愛犬の健康のためにドッグフードについて調べている人も多いかと思われますが、調べていると最近よくヒューマングレードという名前を見かけることがあるという人も多いのではないでしょうか。知らない方も含めて、どんなドッグフードか気になるという方のために、ヒューマングレードのドッグフードとは何かについて説明します。

ヒューマングレードとは簡単に説明すると人間が食べられる基準と同等の素材で作られているドッグフードのことを言います。これを聞くと今までは人間が食べられる基準の素材は使用されていなかったのかと思う方もいるでしょうが、中には人間が食べることができない基準の素材が使用されていることもありました。しかし、今ではペットフード安全法などによって昔ほど悪い素材を使用して作っているドッグフードは減ってきています。では、具体的に言うと昔はどのような素材が使用されていたのでしょうか。

素材として使用されていたのは大きく分けると2つ存在しています。1つ目は家畜副産物です。これは人間が食べることはない骨や頭、くちばし、羽などのことを言い、これらがドッグフードに使用されていました。

2つ目は4Dミートです。これは病気感染や死亡した家畜の肉を言います。これも一昔前まではドッグフードに使用されていました。

このように、人間が食べることがない素材が使用されていましたが、近年注目されているヒューマングレードは危険物が含まれることはなく、人間でも食べられる素材を100%使用しているので安心です。

次の頁→メリットとは